UP

居抜き物件を利用してコストカットする

初期費用がかなり安い

飲食店をするときには営業するための店舗物件を探します。店舗物件を購入してもそこで使用する機材を買わないといけないため、結構初期費用が必要です。しかし居抜き物件を利用すると初期コストが非常に安くなります。居抜き物件とは以前入っていた業者がそのまま機材などを残している物件です。つまり今から行う商売と居抜き物件の内容が合致していれば、かなり費用削減ができます。今から行う商売用に少しだけ改装すればいいです。

短い時間で商売を始められる

商売をする場合、業種に応じた店舗改装をしないといけません。店舗改装は結構時間がかかるので工事が終わるまで商売を始められないのです。しかし居抜き物件なら改装工事も一部分だけ行えばいいため、工事する期間が大幅に少なくなります。ちなみに家賃に関しては契約した時点から発生するのです。改装している間も家賃は発生するので無駄な予算もかかってしまいます。居抜き物件なら上記のような心配もないため利用してみるといいでしょう。

うまく行けば以前のお客さんを取り込める

以前同じ業種が入っていた物件であれば、そのお客さんを確保できる可能性も高まります。これはラーメン屋であれば以前ラーメン屋を行っていた物件を利用するといいです。そうすると前の常連客が興味を持ち来てくれる可能性もあります。特に以前のお店が繁盛店の場合で、店主が引退したところだと注目を浴びる可能性もかなり高いです。物件を探すときは、その飲食店がどのような理由でなくなってしまったのか調べてみるといいでしょう。

店舗物件は建物の構造や築年数だけではなく、駐車場などの付随設備や立地環境の良し悪しが集客に大きく影響します。入居の際には必ず下見を行い、多角的な視野で判断することが大切です。