UP

契約する前に!賃貸でみるべきポイントは?

ポイント1:最上階は避けるべし

不動産屋さんと一緒に内覧に行くと、しばしば「この物件は最上階なので見晴らしがよくおすすめですよ」と言われることがあります。しかし、契約する前に注意するべきポイントが一つあります。それは…「最上階は空調の効率がとても悪い」こと。夏場は直射日光で熱せられた屋根からの熱が直に伝わるため、他のフロアに比べ室温が上がりやすいです。冬は、部屋の熱が屋根を通じて逃げていってしまうというデメリットが。他のフロアであれば熱が逃げにくいのですが、最上階は上に空間がないため、外気に接する面積がおおく外の影響をうけやすいのです。

ポイント2:斜面よりも平面の物件がおすすめ

言わずもがな、日本は地震大国です。たとえ一時的な賃貸だとしても、万が一に地震がきた時の被害を考えると、斜面に立つ物件を借りるよりも、平地に建つ物件がよいでしょう。斜面の物件の場合、地盤が不安定なため基礎を深くうちこむ必要があり、平地に比べて建設コストが多くなる側面も。ちょっと高めの家賃だとしても、安全をためにも、平地の物件を選ぶことをおすすめします。更に念を入れるのであれば、昔の地図を調べて、物件周辺に川や池がなかったかを調べると良いでしょう。

ポイント3:下見は複数、いろんなシチュエーションで

内覧のときに気に入ったからといってその場で契約するのは…もったいない!周辺環境が良いと感じたのは、もしかしたら、たまたま内覧した時のタイミングがよかっただけかも。土日の朝に騒がしくてゆっくり眠れなかった、夜が街灯が少なくて帰路が怖くなってしまった…ということもあるかもしれません。よりよい生活環境を得るためにも、平日/休日・昼間/夜間など、時間帯を変えて複数回、内覧はしなくとも物件の周りを歩いてみると良いですよ。

帯広の賃貸マンションは、駅から近い場所にあるので、電車を使っての移動が便利になりますし、通勤なども便利になります。