UP

今住んでいるマンションを売りたい…けどどうすればいいの?

マンションを売却する手順は?

マンションを売りたいけど、古くなったマンションに買い手がつくの?いくらで売れるの?と、一人で悩んでみても不安や疑問は尽きません。やはり不動産屋さんに頼るのが一番でしょう。相談するだけなら無料ですので、まずはお店に足を運んでみてください。築年数・場所・広さ・構造等から、売却金額を査定してもらえます。売りに出す金額が決まれば、媒介契約を結びます。媒介契約とは、このマンションを売るお手伝いをするので、売れたときには仲介手数料をくださいね、という契約です。媒介契約を結ぶと、不動産屋は買い手を探し始めます。基本的には、不動産屋しか見られないREINSというホームページに掲載して、購入希望の連絡を待ちます。購入希望者が見つかれば、価格・契約日・引渡日などを調整して、お互いの条件に納得できれば、契約成立です。

媒介契約に種類があるの?どう選べばいいの?

不動産屋と結ぶ媒介契約には、3種類あります。一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約です。この3つの違いは拘束力です。一番拘束力が弱いのが、一般媒介契約です。この契約では、他の不動産屋とも契約を結ぶことができ、自分で買い手を見つけてくることもできます。いくつかの不動産屋にお願いして、買い手が見つかる可能性を増やしたり、条件を比べたりしたい、とういう人にお勧めです。専任媒介契約は、契約を結んだ不動産屋が見つけた買い手、もしくは自分で見つけた買い手としか取引できないという契約です。他の不動産屋に頼めないため、2週間に一度、現在の状況を報告してもらえます。自分でも買い手を探しているけど、不動産屋にも頼んでおこう、という人は、この契約がいいかもしれません。一番拘束力が高いのは専属専任媒介で、媒介契約を結んだ不動産屋が見つけた相手としか取引ができません。1週間に一度、状況報告をしてもらえるので、こまめに現況を確認できます。契約期間は3ヶ月以内で、売り主の希望により更新することができます。堅実に売りたい人におすすめです。

注意するべきことはあるの?

マンションを売却するときに一番気を付けるのは、価格です。せっかく売却できても、ローンの残債よりも少なくて、借金だけが残ってしまったとなると、意味がありません。また、不動産屋と媒介契約を結んだ場合、売却価格の3%+6万円が仲介手数料となります。仲介手数料や必要書類をそろえたりする諸費用、新居に移るための費用などを差し引いても、プラスになる売り方が理想的ですよね。もし、マイナスになるような場合は、売らずに賃貸に出す、という選択肢もあります。家賃収入を得続けるもよし、残債を減らしてから売却するのもよしです。賃貸がついている場合、投資用として売却したい、という人も多くいるので、売りやすくなる場合もあります。不動産屋に頼ることも大切ですが、どうせ売却するなら、自分でしっかり判断して、得する方法で売りたいですね。

マンションの売却では、買い手がつかなければ売れません。価格を下げるのが最も有効ですが、不動産会社を変えて成功したケースもあります。不動産会社の実力も売却に関わってきます。

未分類